つくる仕事

【アパレル・ファッションのお仕事】デザイナー(企画)ってどんな仕事?学歴、年収、キャリアまとめ。

今回はアパレル・ファッション業界におけるデザイナー(企画)職についてまとめます。
服飾系の専門学校には必ずデザイン科があるように、デザイナーを志望する学生はたくさんいます。

デザイナーってどんなお仕事?

デザイナーというと非常に創造的で特殊なクリエイティブ職というイメージを持たれるかもしれません。
しかし実際はデザインばかりをしているわけではありません。商品のデザインを考える以外にも、簡単な伝票関係の事務処理であったり、ある時は自分でパターンを作成したり、サンプルの検品を行ったり、店頭で販売応援をしたりすることがあります。

デザイナーに必要な学歴

一般のアパレル企業でデザイナー、企画職として就職しようとすると、服飾の専門学校で学んだことが最低条件です。
上手ではないにしろ、洋服のデザイン画やハンガーイラストを描くことができ、洋服の素材の知識や実際に洋服を作ったことがあるというのが特殊だからです。
一般的にデザイナーはアパレル・ファッション業界の中では”専門職”と呼ばれる存在です。

デザイナーの入口

新卒にしろ転職にしろ、基本は企業の求人募集に応募する形式になります。
デザイナーズブランドの場合、募集がなくても絵や作品集を送って自分から売り込んで採用されるケースもあります。
SPA企業とコレクションブランドの企画職は非常に狭き門で、OEM,ODM企業の企画職または企画営業職のほうが募集が多くデザイナーとして業界に入りやすいです。
実際に専門学校のデザイナー志望向け学科を卒業してもデザイナーになれず、販売職で就職するケースを多数見てきました。

その他のケースではその企業にいるデザイナーの紹介で転職するというケースがあります。
既にその企業で働いている人からの紹介にはメリットが多いです。
企業側は安心して即戦力の人材を雇うことができ、雇われ側は紹介してくれた人から事前に企業の内情を知ることができるため安心して働き始めることができます。
転職、就職におけるミスマッチをなくすには非常に有効な入口だと思います。

デザイン以外の知識や俯瞰した視点があると抜きん出る

この記事を読んでいる方が、アパレルデザイナーとして社会に出たばかり、もしくは2年目の若手社員の場合、知っておいてほしいことがあります。

それは、デザイン以外の知識や、ものづくり〜販売全体の俯瞰した視点を持っておいた方が良いということです。

デザイン以外の知識で特に役立つものを挙げるとすると、

  • パターンの知識:パタンナーや縫製工場がパターンについて言うことが理解できると、自分がパターンを作成するときにも有利です。
  • 縫製の知識:素材やデザインに合った縫製仕様を最低限知っているかどうかはパタンナーや生産管理、縫製工場とのやり取りを円滑にします。
  • 素材の知識:素材に合わせたデザイン、デザインに合わせた素材選びが本当にできる人は非常に稀です。
  • 市場の知識:様々な商業施設、ブランドの中で人気のあるものを知っているか。マーケティング目線。

があります。

俯瞰した視点というのは、「自分が今ものづくり全体の中の何をしているのか」を理解できる能力です。
デザイナー職に限らずアパレル・ファッション業界の仕事は常に他者との関わりの中で成り立っているので、自分の立ち位置を知り次工程を行う他者への理解がある人はどの企業においても重宝されます。

デザイナーのキャリアプラン

アパレル企業の企画職デザイナーの場合

アシスタントデザイナー

デザイナー

チーフデザイナー

MD

コレクションブランドなどのデザイナーズブランドのデザイナーの場合

アシスタントデザイナー

デザイナー

独立

コレクションブランドの場合、代表である社長がチーフデザイナーを兼ねている事が多いので、独立をゴールとしました。

デザイナーの収入

・アパレル・ファッション業界の求人、転職サービス”を行っているクリーデンスが紹介している「アパレルデザイナー」の平均年収によると、30〜34歳で平均377万円となっております。

服飾の専門学校で年間100万円近くの学費を3〜4年払って得るには高くない年収だなという印象です。

まとめ

アパレルデザイナーという職種はクリエイティブ一本ではなく事務作業や仕入先との交渉など地道な仕事が多いです。
どの企業においても決して高収入というわけでもありません。

「やりがい」という言葉は好きではありませんが、それでも憧れを持たれる職種ということは自分が考えた商品がお店に並ぶという「やりがい」が得られるからではないでしょうか。