売る仕事

【アパレル・ファッションのお仕事】営業ってどんな仕事?学歴、年収、キャリアまとめ。

今回はアパレル・ファッション業界における営業(店舗運営含む)についてまとめます。

営業職というのはどんなお仕事?

アパレル・ファッション業界における営業職は大きく3種類に分かれます。

1.自社店舗の運営

自社店舗の運営業務です。担当店舗の売上や在庫金額の責任を持ち、店舗限定のイベントや限定商品などの販売戦略を考えます。
また、店舗が入居している商業施設との家賃や展示イベントなどの折衝も行います。

2.自社商品の卸売

地方の専門店(様々なブランドを集めた店舗)へ自社商品を売る仕事です。
自社商品を売り込んだり、別注商品を提案したりして売上を作ります。

3.OEM/ODM営業

OEM/ODM企業で、自社ブランドを持つアパレル企業から注文を受けるために行動する仕事です。
アパレル企業から受けた企画の生産のみを行う場合と、企画から提案して生産を行う場合に分かれます。

アパレル下請け企業の営業職の憂鬱な仕事今回はアパレルOEM・ODM企業の営業職の業務やプレッシャー等についてお届けしたいと思います。 営業専任と企画営業 アパレルOEM/...
【営業】アパレルOEM営業が新規営業で受注につなげる手法と考え方①「新規開拓営業」、この言葉を聞くだけで憂鬱な気持ちになる営業職の人はたくさんいると思います。 アパレル・ファッション業界においてもご多...

 

営業職に必要な学歴

基本は大学卒、短大卒もしくは専門学校卒です。
売上や仕入れなどの各種数値を取り扱うため、アパレル専門の知識よりは一般的なビジネスにおける知識が必須となります。
服飾関係の知識は知っておいたほうが最初は有利ですが、後からでも体系的に学べるので大丈夫です。

営業職になる入口

募集している企業への応募になります。
ハローワーク、転職サイト、企業の採用ページ等幅広く応募する手段はあります。
専門職ではないので、他業界からの転職でも入りやすいと思います。

数字に強いことはもちろんだが、企画力も今後は求められる

企画はデザイナー、販売は販売職、営業は商品を送るだけだった時代もあったようですが現在は違います。

面白い販促イベントを考えれば入居している商業施設の担当者からの信頼を得られる可能性が高まります。
卸先への別注商品を提案するにあたっては相手先が取り扱うブランドを考慮した企画を提案しなければなりません。
OEM/ODM営業の場合は相手先のアパレル企業が興味を持つような素材や企画を提案しなければ競合他社に勝つことはできません。

営業職のキャリアプラン

1.店舗運営営業の場合
販売職

店舗運営

ブランドの自社店舗運営責任者

MD

複数ブランドの総責任者(営業本部長)

2.卸営業の場合
営業担当

営業部長

MD

3.OEM/ODM営業の場合
営業担当

営業部責任者

営業職の収入

”ファッション・アパレル・ファッション業界の求人、転職サービス”を行っているクリーデンスが紹介している「アパレル営業・アパレル店舗管理」の平均年収によると、30〜34歳で営業職は平均425万円、店舗管理職は平均439万円、OEM営業職は平均344万円です。OEM営業になると年収で100万近く下がってしまいます。

クリーデンス「Fashion★シゴトNEWS アパレル営業・アパレル店舗管理の平均年収と転職動向より引用

クリーデンス「Fashion★シゴトNEWS アパレルOEM営業の平均年収と転職動向より引用

まとめ

営業職というのは毎月の数字の達成へのプレッシャー、社内外との折衝など苦労も多い仕事です。

しかしながら、”自らが考え、動くことによって会社の売上を作る”、行動的な人や仕事の成果を実感したい人にとって営業は楽しく、アパレル・ファッション業界の中では収入も悪くない仕事だと思います。